粗品いいね

履歴 TOPへ

先週は102件の見積もり依頼がありました
  1. 粗品いいね
  2. 粗品について

 

粗品について


粗品についての様々な情報をお伝えします。粗品の活用方法や新商品など様々な役立つ情報を集めます。粗末な品物を贈り物として展開する場合についての傾向など、どうしたら喜ばれる進呈品かを解説します。 最終更新日:

・200円台の粗品についての感想4点
こんにちは。運営者です。200円台の粗品みました。うーん。これはいいですね。どの粗品もラインラップが素晴らしい。 こんな形で自画自賛してもいけないのだけれど、やっぱり売れ筋を並べただけあり、迫力が、先の100円以下、100円台と比較すると圧倒的にあるんですよね。だから、お客様もこうした点で、非常に良い気分になると思いますけど、選ぶ感じはあちこちになってしまって大変な気がします。基本として、選...
・気付き4点。100円以下の粗品にて
粗品販売で一番人気コーナーである100円以下コーナー。この中で、この場所を運営してみて、気付いた点などをまとめてみました。   100円以下の粗品とは 100円以下の粗品についてですが、当店が思う価値としては、単なるバラマキ型タイプが多いので、購入の際には、最大でも100個程度を みておいた方がいいと考えています。それは商品が悪いというものではなく、100円以下の商品の価...
・付加価値をどこに求めるかの相談
粗品いいねでは、メインでる100円以下のプチギフトを中心とした販売をメインとしていますが、300円以上のコースについては、あまり真剣に対応していません。しかし、全く購入がないかと言えばそうではなく、それなりに購入の流れがあります。 今回は、そんな300円以上の粗品について、どこが価値があるのかをお伝えします。   オリジナルの粗品の場合は強い キャンペーンやイベントなどで...
・粗品について
こちらでは粗品に関する様々な一般的な情報を公開します。たとえば、そもそも粗品とはどういったものなのだろうか…?とか粗品の一般的な価格帯やプレゼントシーンなどはどういったものなのだろうか・・・といったような粗品に関する知識と共に活用範囲、見解についての情報などを説明させていただきます。また、その他にも粗品に使用される商品に関すつ細かな情報はもちろん、実際のお客様の活用例やお問い合わせ例なども使用して...
・売れる100円以下の価格帯の秘密
「これから100円以下の商品でないと売れないよ」 こう口々に担当者が言うのには理由があります。景表法も問題もありますが、予算が足りないのです。イベントやキャンペーンを全くゼロにする必要性がありませんので、来場者用には何かしらの粗品が必要不可欠であり、それが大企業になると、1万個・5万個と違うレベルになります。10円程度の差でも50万円の差になりますから、まずは大口で配るためには、1円でも安くしな...
・粗品とは挨拶品であり、タオルがメインに
販売の傾向を読み解くことは、どんな商売でも必要不可欠です。こうした中、粗品といえば、全く違うカテゴリーから提案して、当店も独自性を出すのがメインなのですが、粗品についてはどうしてもある特定商品がメインとなります。もともと、どうしてこうした流れになるのか判断してみます。   粗品という言葉の意味 粗末。 これが粗品の原点なです。粗末な記念品を渡すため、粗品というキーワードが生まれま...
・粗品(そしな)は日本の礼儀からスタートした贈り物
「つまらないものですが」 という形で、日本人は贈り物をする場合、自分がへりくだった謙虚な姿勢で、商品をお送りします。 それは礼儀や作法の国であり、日本国という「島国」であるため、全ての日本人が「和」をもって尊ぶ形になっているからです。   相手が何を考えて、何をしているのか。 過去の経験や常識でそれなりにわかるのです。これが異民族同士であれば、 「つまらないものですが」 と...
・4月からの春向けの粗品について
もうすぐ4月になります。当店でも少しつづですが、粗品店を春バージョンにしています。 これから本番を迎える入学シージンや、春の桜が咲いて花見シーズンなど、色々と明るく温かい感じのニュースが多くなります。 こうした中、当店でもしっかりとした感じで、4月迎え、さらに粗品店として他店との差別化や、情報強化などを、しっかりとしていかなえければなりません。 基本としては、単なる情報アップではなく、「なぜ...
・挨拶って大事。物事の締めくくりはしっかりと行いたい。
最近・・・正直「おはようございます」すら言えない人が多いように思います。 大人も子どもも。ちゃんと朝の挨拶が出来るようになんでなれないのか・・・と思いますね。 年末年始のあいさつってしていますか?とても大事な挨拶だと思います。年末の挨拶・・・「今年もお世話になりました。」決まり文句のようですがwwお世話になった方にちゃんと一年の締めくくりの挨拶をするのは常識の範囲だと思います。そして、年始...
・年賀状はプレゼント
メール時代でも年賀状文化がいい 年末年始のあいさつといえば、最近はメールで済ませる― 外国式に年末は早くにクリスマスも兼ねて「良いお年を・・・」というパターンも多いですが、 昭和の人間としては、 元日にわさっと年賀状が配達されてゆっくりそれを見ながら一人ひとりを思い出すという時間が好きです。       自分がそうだから、年賀状を年末ぎりぎりに出す...
・粗品はやっぱり個人がメインになってしまいます
実際の流れとしては、個人様で購入する場合は、運が良いのか、サイトの流れが良いのか、決まればすぐに購入します。決まった感じを言えば、見積もりの段階ですでに単価が発表されいますので、まったく問題がないのです。商品だけ買う程度ですから、どうしても細かい点など必要がないのです。 サイトで気に入って買う。単価は出ている。これで買わないのであれば、わざわざ問い合わせが無いのです。ですから、問い合わせがある時...
・文房具屋で貰いたい粗品
皆さんは文房具屋に行ったことはありますか?私は家の近くにあったというのもあって、小学生くらいの時にはよく行っていました。文房具をみたりするのって、なんだかとっても楽しいんですよね。     いつまでいても飽きないというか、面白い文房具などを見つけたりするとテンションが上がってしまいますよね。   面白い文房具。名入れもできます。 LED付スマ...
・プレゼント用の懐中電灯・ライト
ライト、懐中電灯などの粗品について。 高輝度LEDが普及しだしてから価格が大きく下がり、豆電球の時代よりも耐久性があるので気軽に粗品として使われるようになってきました。一番安いもので120円のソーラー充電のキーホルダーから、大震災のあとから注目度があつまった充電などのできる多機能タイプなど、さまざまなライトがあります。大まかに分けてライトのカテゴリーとして「キーホルダー」「懐中電灯」「ランタン」...
・服を買ったときに貰いたい粗品プレゼント
皆さんはお買い物は好きですか?その中でも服を買うのって、結構楽しいのではないかと思います。   選ぶのもとても楽しいですし、 自分の好みの洋服を見つけたときはとてもうれしいですよね。   そこで、行きつけの洋服屋さんなどでポイントカードなどがあると思うのですが、 ポイントをためると割引などがありますよね。割引もうれしいのですが、 割引の代わりにお店の商品をもらえたりするのっ...
・おしゃれで気を使わせない粗品
最近、こういう社会情勢のせいか、お友達が次々と家を新築し(我が家はそんな気配すらありませんが。皆さんお金持ちで羨ましいです)、新居にお呼ばれされることが多いです。 そのとき、新築祝いとは別に、それぞれが簡単な手土産を持っていくのですが、これにセンスというか、個性というか、そういうものが顕著に現れます。 いかにお金を使わずに(相手を恐縮させずに)、素敵なものを渡せるか、なんですよねぇー。 私な...
・子どもにしっかり挨拶をさせよう
皆さんの周りの子どもたちの挨拶はどうでしょうか。       挨拶のしっかりできる子もいれば、なかなかできない子もいますね。   私は小さいころ、自ら挨拶ができる子ではありませんでした。親に促されながら挨拶をしていました。挨拶は、小さいころからの家庭環境がとても大きく影響しているみたいです。   家庭内での挨拶を子どもたちは見ていたりするので...
・よそものの挨拶について。手ぶらは失礼。
引越しのご挨拶についてのお話をいただきました。手ぶらよりも100円程度のものでも、粗品があると大分雰囲気も変わりますといった実体験に基づいたお話をいただきましたのでご紹介します。   「わたしの夫には全国転勤がある   だから、引っ越すのはアパートでありそこにも転勤族がうじゃうじゃいる   挨拶をするときはかならず何か持っていかないといけない石鹸でもゴ...
・粗品ってどういうものなの?
皆さんは粗品という言葉を使ったりしていますか?     そもそも、粗品ってどういうときに使ったらいいの? と思っている方もいらっしゃるかもしれません。   粗品は、他人に贈呈する品物の謙遜した呼び方で、粗末な品物という意味で用いられることもあるそうです。   粗品とは、日用品でも、消耗品など、あまり高価でないものが主です。  ...
・初対面や季節のご挨拶の大切さについて
 引越しのあいさつはとても大切なことです。実際の経験に基づいてのお客様からのお話をご紹介します。   「引越しのあいさつについてですが転勤族の私が自分や周りの人をみて思うことがある   向かい三軒両隣じゃあだめですねせめて向かい6件両隣の3件先   そして子どもがいれば子ども会の役員さんちょっと遠くても子供のいるおうちできれば地域の班の人全部ですね ...
・粗品の意義
粗品の意義として、相手に対して礼を伝えることが、良い傾向としてあると思います。 当店としては、粗品の意義としては、この感謝の気持ちを伝えることが必要だと思います。   粗品自体は、単なる商品ですが、こうした感謝の気持ちが少しでもあれば、 価格以上のモノが相手に伝わり、良い傾向になると考えています。   こうした建前があるのですが、当店としては、価格でそれなりの部分と...
・リピーター様への粗品は同じ物を避けて
粗品をプレゼントしているお客様からの粗品に関するご注意点を教えていただきました。 個人経営の完全予約制のほぼ1対1の店だからできることですが、 毎回顧客に対して何をプレゼントしたかしっかり覚えておくようにしています。 というのも、次回いらした時には別の物を差し上げたいからです。 たまにメモをしておくこともありますが、 ほぼ頭の中に保存するだけです。 それで成功し...
・美容関連シーン「お店をやっています。使える粗品をと心掛けています」
美容関係のお店で粗品としてタオルを使っているお客様からのお話をいただきましたので ご紹介いたします。 美容室勤務Mさん女性のメールから。 「小さなお店を経営しています。 初めてのお客様に対しては、現在タオル(ハンドタオルより大きいふきんタイプ)を 粗品として差し上げています。 タオル自体にはどんなな場所でも使えるように名入れはせず、 別途入れ物に名入れしております。 ...
・主婦目線から「粗品はうれしくお得感があり大歓迎」
主婦の方からの粗品に関するコメントをいただきました。 スタッフ一同「そうそう!」とうなずいてしまいました。 主婦をターゲットとした粗品をご検討の方は必見です! 粗品だけをもらうためにわざわざ並んだりすることはさすがにありませんが、 もともと雑貨が好きなこともあり、 いただけるものならどんな物でも拒まず、 ありがたく持って帰りますね。 たとえ小さなティッシュひとつだ...
・粗品の宝庫。保険外交員から学ぶ
ショップのマスターさんからの聞いたお話です。 「生命保険会社の保険外交員さんたちは、 訪問のたびにいろいろな粗品を持ってきてくれますよね。 あの品物のほとんどは、会社から支給されるのではなく、 外交員さん個人が自己負担で買っている物です。 外交員さんは個人事業主なので、 確定申告の時には粗品も経費として認められると思いますが、 それにしてもネット保険などもあって競争が厳し...
・粗品
粗品とは 粗品とは、商業目的や儀礼的な挨拶の場面で、お世話になった人や、これからお世話になる人向けに「これからもよろしくお願いいたします」の意を込めて他人に贈呈する品。 または記念品や参加賞なども「お疲れ様」の意味を込めて粗品を贈ることもある。 粗品の読み方はそしな、そひん。 「粗末」の「粗」の文字をつける意味は日本語の謙遜語の一つで、自分を低くした目線で相手を敬う気持ちを表す...
・粗品についての販売店との差別化
粗品店として展開するのであれば、どのような粗品店として展開するのを、もっと真剣に対策すべきでしょう。 当店としては、他店と同じような情報や商品しかなければ、当店が生き延びることはないと思っています。 つまり、価格が同じであったり、商品が同じであったりと、見る側に害があるだけと思っています。 だから、どうしても粗品店として、大きな成果を上げたいのなら、他店との差別化をもっとやるべき...
・100円台の粗品をみての分析結果
こんにちは。運営者です。 さて、さきほど100円台の粗品コーナーを見て見ました。 なるほど。 良いものもあれば、全く売れていない粗品もあり、また、当たり前ですが、 単なるドカドカ入れているだけなので、統一感がありません。   こうして点を見てみると、ちょっとした「案内役」が必要なように感じます。 商品を見る目があれば、こうした中から1点を選ぶ方法...
・夏でもお守りがあります
夏でもお守りがあります。 いつでもお守りはあるのですが、オリジナルの製作があります。 オリジナルの製作については、普段は年末年始にあるのですが、 お寺やイベントは年中無休です。 ですから、流れとしては、意外とお守りはこうした時期に販売できるのです。    ...
・100円台の粗品について
この価格帯については一番注目すべき単価であります。 経済状況がよくなっているのであればいいけど、 それほど良くないのだから、100円程度の価格で喜ばれるものを 多くの人に感謝されるように粗品を選びたいです。   このため、この価格帯においては、好き・嫌いのレベルがありますし、 嗜好品が多くありますので、ご注意下さい。   全体的に...
・粗品はセンスでクレードがわかれる
これは粗品だけの事ではないけど、単なるチラシでも、デザインの良い・悪いで、 全く違う効果になることがあります。同じ内容なのに、全く反応が番うという点です。   こうした事は沢山ありまして、意外と抜けおちている点なんです。 今回のエコカイロの画像を見てもらればわかるように、単なるエコカイロが、一気に「グッズ」という 形まで出来上がっているのが、...
・しっかりとした粗品はブランド
当店はオリジナルグッズ制作がメインで、単に商品を右から左へ売る方法ではありません。 この方法なら、当店以外でも沢山のネットショップがあるわけですから、わざわざ当店が でしゃばる必要性がないのです。   こうした点から言えば、しっかりとしたオリジナルの粗品はそれ自体がブランドなのです。   今回の画像を見てもらればわかるように、上手にワ...
・綺麗にオリジナルエコカイログッズ制作
こんな形でエコカイロにオリジナルのロゴ入れをします。 こちらの粗品は、イベント用なので、こうした名前入れをして対処します。 単なるエコカイロが、こうした事で簡単なグッズとしてかわります。 この作業は、プラス代金が非常にかかるので、予算が数万円しかない場合は、 必ず別途かかることをしっておいて下さい。 基本として、商品代金以外に「最低2万円」はプラスされ...