粗品のオリジナルグッズを作るための手順と用意

シェアする

8view
スポンサーリンク

粗品いいねでは、オリジナルグッズ製作も受けております。

数多くの法人様の依頼を受けています。

当店の特徴は、大手の完全オリジナルグッズではなく、既製品の粗品に、ロゴマークなどの1色の名入れ印刷をして対応する手法です

この手法は、

・低コストで出来る

・すぐに出来る

・少ない粗品の数でも出来る

などです。こうした数多くの利点があるため、非常に好評です。

今回は、どのようにすれば、手軽にオリジナル粗品が出来るのかをお伝えします。

01

ページ内のサンプル画像を見てみる

オリジナルの粗品を製作するためには、何よりも知る・理解することから始まります。

そこで重要になるのが、どんなコンテンツが一番良いからです

色々と説明しても、ほぼ筒抜けになると思います。

そこで粗品いいねでは、その商品の過去に製作した実例の名入れ印刷サンプル画像を、沢山掲載しています。しかも、商品が人気であればあほるど、サンプル事例は多くあります。

ですから、まず第1歩としては、ページのお気に入りの商品のサンプル画像をしっかりと見ることが最重要になります。

・これならオリジナル粗品ができるかも!が重要

ページをしっかりと見て、「ピン」ときたら成功です。

なぜなら、全く分からないのではなく、なんとなく、これならできそうだ!と思うかどうかだあらです

本人ができると判断すれば、ほぼ成功する可能性が一気に高まります。

粗品のオリジナルは何も難しい事ではなく、やってみれば、案外できる事が多いです。

02

総額を知る

 

手軽にできるオリジナル粗品。

しかし、それには個人通販店ではない「予算」がしっかりとないとできません。

100円以下の粗品であっても、最低総額として3万円以下にはなりません

総額3万円前後では、当店は赤字です。逆にしないほうが利益になるくらい全く儲からない流れでありますので、いかにお得であるのかを理解できると思います。

こうした流れから、粗品いいねでは、最低限の個数制限を出しております。

都度ごとに対応しては大変なので、自動見積もり機能で対応してます

・1色印刷がメイン

粗品いいねでの、オリジナル製作については、1色印刷をメインとしています。

その理由は、これが最低限のコストの印刷方法だからです

1色印刷以上になれば、それ以上のコストがかかります。

まずは1色印刷で、予算をクリアすることが大切なのです。

また、オリジナル粗品を製作する際、基本としてフルカラーなども検討段階ですが、それだけの予算があるお客様はほぼいないのが現状です。

03

デザインを知る・理解する

粗品のオリジナル製作では、基本はロゴマーク入れがメインとなりますが、多くのが周年記念や創立記念の流れで、探しているのが多いです。

このため、(1)で説明したページ内の過去の名入れ印刷サンプル事例を見る事も大切ですが、デザインとは何かを知ることも必要です。

そこで、粗品いいねでは、「印刷デザインテンプレート」を用意して対応しています。

このページをみて、どんなデザインをすれば、どんな印刷の仕上がりになるのかがわかると思います。

ちょっとした「予習」で簡単にオリジナル粗品のデザインが決定できます。

・デザインの優劣で、オリジナル粗品の価値が数倍に

プロの視点からみれば、デザインの良い・悪いで、その商品の価値が数倍違います。

つまり、デザインの優劣で、オリジナル粗品の価値が変わります

ですから、しっかりとデザインをしてください。

同じ予算でありながら、価値が全く違うのですから、しっかりと対応する。

ともかく、こうした心構えが最低限必要であります。

04

実際の現物で確認する

最後になりますが、これはあくまでも説明で、実際に製作する段階になって、わからない事ばかりであるのは、よくあることですので、心配しないでください。

当店としては、オリジナル製作について、確認作業はしっかりとあります。

・書面での校正確認

・現物での最終印刷確認

などあり、けっして間違いがないように対応しています。

失敗したら大変ですので、この流れで、テキパキと対応し、効率的に対処しております。

こちらもプロなので、素人のお客様相手ですから、適切なアドバイスは随時します

ただし、このような情報を知って、予習の対応をして頂くと、非常にスムーズに対処できるのもよくある「良い流れ」になります。

ぜひ、参考にしてください。

05

まとめ

いかがでしょうか。

オリジナル粗品の作り方について、少しでもご理解頂ければ幸いです。

当店もお客様も利益を出さなくてはいけない立場。安易に安値提案で、充実したサービス提供ができない場合もあります。

単なる安値以上の付加価値が高い信頼ある提案力を出すようにしております。

ぜひ、オリジナル粗品の際には、ご相談ください。

スポンサーリンク

シェアする