粗品いいね

履歴 TOPへ

2018.06.19 先週は105件の見積もり依頼がありました
  1. 粗品いいね
  2. よくあるご質問

 

よくあるご質問


Q&Aの質問コーナーです。粗品についてよく聞かれるご質問をまとめました。ご不明な点などのご参考にしてください。商品についてのタオルやボールペン、ノベルティグッズのオリジナル製作などについても可能です。 最終更新日:

・卸販売におけるメリットとデメリット
個人通販店ではないので、卸販売の常識があり、店舗で購入するような気軽さがありません。 今回はどのような点にきおつければいいのか?メリットとデメリットについて、お伝えします。   送料の使い方・質問 よくある質問として、1個からでも対応できませんか?という質問です。こちらに関しては、こちらのカテゴリーであるプチギフトなら1個からでも購入が可能となっています。ぜひご覧ください...
・夏カタログが4月に創刊されます情報
そろそろ春の足音が聞こえてきそうな感じであります。 そんな中、3月にも入り、少しだけ冬の極端な寒さがなりなりましたが、こうした時期において、もう4月には新商品の夏商品が、また出てきます。この件についてご説明します。   粗品いいねの中は全体の3分の1 まず、当店の流れとして、全商品を掲載して、「商品点数何万点」というスタイルではありません。あくまでもみやすくするためには、...
・個人のお客様に対してのお願い
粗品いいねでは、インターネットの特性から、多くのお客様にご利用して頂いています。 しかし、プチギフト関連であっても、基本は企業販売ベースで動いているのがメインでありますので、楽天などの個人通販店とは全く違いますので、その点を考慮して対応をお願いします。   少ない利益を効率的に プチギフト関連でいえば、もともと、1回で数千個販売や、1回で数十万円のご注文がないわけですので...
・返品につきまして
申し訳ありませんがお客様都合での返品は原則できません。不良品の場合には良品交換での対応となります。    インターネットの中で、下記の条件の場合は、クーリングオフ対象外です。 ・写真がある・説明がある ・動画がある ・詳細情報が明記されている このため、お客様の間違いという点はなくなり、お客様の都合での返品処理となるため、該当外になります。   商品の内容がわかりや...
・質問を形にして満足化する流れへ
よくある質問は、よくあってはいけない。なんだかトンチのような形になっていますが、これはけっこう大事な部分でしょう。どうしてか?それは、簡単なことであり、質問が繰り返しあるのであれば、それは改善するべきサービス内容であり、優先順位を決めて対処しなければいけないのです。人的に大変な場合は、ITを使いよりわかりやすくすればよいのです。こうした流れを見ると、質問の形をなるべく無くし、そのうえで対処すべきで...
・消費税8%はどのように対策するの?
粗品を購入する上で、来年度においては、非常にきになる点があります。それが消費税8%です。これはどのサイトでも公平になるので問題ありませんが、購入によるトラブルがあると思います。 まず、基本として、4月1日になると、消費税が8%になります。このため、3月31日の納品については、消費税5%で計算したままでOKですが、問題としては消費税が8%になった場合の間です。または、4月にずれ込んだ場合で...
・粗品の来年用までの持越しについて注意点。夏から冬
8月も31日になり、まだまだ暑いですが完全に夏シーズンは終わりです。 もし夏に配りきれなかった粗品を来年に使おうと思う方は次の点にご注意ください。     雑貨用品についてはカビに注意が必要です!   扇子、箸などの木や竹を使用したものは防カビ処理をしていても、やはり環境によってカビがつく場合があります。また、盲点なのですが保冷剤、ジェル状のものはとてもカ...
・目上の方との挨拶は?
皆さんは目上の方に、どのような挨拶をしていますか?意識して気を付けていることはありますか?     基本的に挨拶は、大きな声ではっきりと相手に伝わるようにしますが、 それができていない人も多いみたいです。   目上の人に対しては、しっかり頭を下げて挨拶をするのが印象が良いみたいです。   今の若い人でありがちなのが、首だけを動かした挨拶な...
・粗品のラッピングについての一般的な話。のし?化粧箱?どちら?
粗品の形状としては簡単なのしタイプや化粧箱タイプなど様々なものがあります。基本的には個人の好みなのですが、ここ近年はエコロジーの考えもあり、ご挨拶の時には、のしさえもつけないという傾向が高まっています。記念の時には熨斗を付ける機会がおおいですが、基本的に全体では簡易包装が主流となっています。 そこで、そのラッピングの形状についてお客様のご意見をうかがってみました。 粗品の形を考える際のご検討資...
・粗品は個人の購入がメイン
粗品ですが、個人様が購入するのが大きな流れになっています。 このため基本として、1個単位が粗品の買い方なのですが、 それでは「高い買い物」になってしまうため、オススメしていません。   当店では良いものは安くという事で、100円ショップのような形で展開してます。 100円ショップで買うことが多いと思いますが、いつも感動ですよね。 どうしてこんなに安くできるのか。  ...
・粗品サイトとしてはレベルが高い
当サイトは粗品の他の店舗と比較すれば、非常にレベルが高い感じになっています。 これはプロとしての専門店であり、他店では個人向けに対策しているからです。 しかし、当店においては、法人のプロ向け対策品なので、どうしても単価が違います。 こうした差が、ノウハウの差や技術の差へと変化させています。   レベルが高いことはいいことなので、これからもしっかりとレベルを維...
・電話での簡単な問い合わせは損です
よく質問があるのが電話です。 電話での件は、よく知っている人ならいいのですが、逆に知らないと損ばかりしている 感じがしてなりません。   それというのも、粗品の事について、プロなら、アドバイスが適切になりますが、 多くの方が素人なので、「高い設定金額」での提示になります。 何か勘違いしていても、それだけの分を十分利益を得ているからです。 &nbs...
・粗品のあげかた・もらい方
よくある質問で、粗品のあげ方ともらい方について書いておきます。 当店の粗品は、販促品なので、どうしてもこうした「粗品レベル」では少し違いいます。   百貨店などで定価で販売し、儲けている1個単価の場合は、 包装やのしなど無料サービスですけど、当店は大量販売が基本の粗品なので、 こうしたあげかたはしておりません。 その分1個あたりの単価が非常に安いのが特...
・大規模な依頼については慎重に
よくみかける対応としては、素人のちょっとした感覚で依頼される場合です。 これはまったく問題ないのですが、 素人=1万円程度 プロ=100万円程度 となるのが普通なのですが、 この素人タイプがいきなり1000万円級の依頼について 問い合わせがあるような形になっています。   まず、粗品の仕事して依頼がくるのは不可能であり、 ほぼ無駄な仕...
・粗品タイプの質問はサイトで完了
粗品サイトでは、あまり問い合わせがないですね。 これはサイトの中で全て完了しているのでしょうね。 粗品なので、それほど難しい流れがあり、オリジナル製作などは少ないからです。 ですから、基本的にこうした流れから見ると、どうしても 小額がメインになると思います。   当店としてはこうした流れがありますが、メインとしては、 常に買いやすいタイプへと変化...
・粗品のよくある質問などをまとめてみる
基本的に法人向けに販売している当店の流れとしては、どうしても話の流れとしては勘違いしている点がある。 それは個人売りの場合は、1個売りが多いので、当店は1個売りをしていないからだ。 粗品の販売方法としては、他店との差別化のため、どうしてもこうしたノウハウがあり、粗品の販売方法で お客様とのトラブルがある。 質問が多いのは、この点で、法人がメインの販売方法としての確立をメイン...
・どうして紙包装・のしが無料ではないのですか?
当店の流れとして、法人メインに販売しています。 個人様と違い、全ての商品は見積もりをして金額を明示します。 その際には、商品の項目サービスはすべて「有料」となっているのがメインです。 もともと無料なら、無償サービスの良い点を強調しますので、それがないという事です。   さて、包装ものしも有料という事はそれだけ「ギリギリ」で価格設定をしているのです。 余...
・刷り色はどういう風に決めればいいの
今回の画像は扇子となります。 よく見てください。竹の部分に名入れがしてありますよね。 これがいわゆるオリジナルグッズ制作になります。 粗品の中では単なる商品だけとは違う方法になります。   そこでの問い合わせの多くが、刷り色はどうすればいいのか?という点です。 まずお答えできるのが、目立つように見やすくするということです。 これができない...
・名入れ代っていくらなの?オリジナル粗品の疑問
よくある質問ですね。 「名入れ代っていくらなの?」 という内容ですが、もし簡単に説明できるようであれば、 「名入れ代込みでいくら」 というページを制作しておきます。これだけわかりやすいですよね。   しかし、これが出来ない理由はオーダーメイドだからです。 1人1社すべて違う内容なので、お答えすることができないのですよね。  ...
・扇子の差は基本はない。勝手に価格差があるだけ
夏向けの扇子にはいくつかの種類があります。 こうした中には基本としてグレードが高いものがありますが、 特に商品の差をきにする必要はありません。 それは、所詮は扇子は扇子なのです。京扇子のような1本3000円でも、 単なる扇子ですよ。     特にオリジナル名入れをする場合などは、同じ工程なので、差がまったくありません。 ...
・綺麗に作るにはやはり勉強して制作を学ぶ
気に入った粗品を制作するために、どんなことが必要でしょうか。 この答えについては、しっかりと勉強して、どんなものがいいのかを自分なりに考えてみましょう。 文具などは、商品自体が特に変化しているものではありません。 悪く言えばマンネリ化していますよね。   ですから、考え方によっては、とてもシンプルでわかりやすいのです。 ですから、ある程度は学ん...
・スマホグッズの粗品について
ここ数年に急成長をしているスマートフォン産業。 IT関連というと、つい高額なモノというイメージがありますが、タッチペンなどでは100円前後で粗品として展開が可能です。また名入れも可能なのでボールペンではつまらないと思ったらタッチペン付きのボールペンをお勧めします。 その他にもスマートフォンカバー、クロス、ホルダーなども様々あります。 高額なモノとしては携帯電話、スマホ対応の充電器など...
・夏向けのあいさつ用粗品
夏場は暑中見舞いとともにお中元のシーズンでもあります。 お中元となるとしっかりとした商品を特定の人に渡すことが多いのですが、 沢山のお客様や常連様にもごあいさつをしたいという気持ちから粗品を配ることが多くあります。 一般的には少量パックの素麺や扇子などの夏アイテムが昔からある風習の一つですが、 今では熱中症予防のスカーフや温度計カード、温度計なども活用されています。 また、屋外での作業や...
・防災用品、懐中電灯などの粗品について
懐中電灯、ライトなどは100円ショップでも、とてもよくみかけるので粗品としてなじみがあるかと思います。 しかし防災グッズはあまり見かけないのが現状です。 防災グッズ=高額といったイメージがあるので、防災グッズを粗品にするということすら一般的では無いように思われがちですが、今や防災グッズの粗品も有りなのです。 たとえば100円以下では防寒用のブランケットや防災ケースなど、100円代ではコン...
・キッチン関連の粗品について
主婦をターゲットとした粗品では一番最初に思い浮かぶのは布巾やスポンジ、洗剤などだと思います。 実際に参加賞などでスポンジに熨斗を付けていただくことは結構あります。 しかし、専門店に任せればキッチン用品はもっと安くもっとおしゃれなものがそろっています。 また、粗品としては若干高額ではありますがマグカップ、タンブラー、水筒なども100円台からおしゃれであったりデザインが良かったりするものもたくさ...
・冬向けの粗品について
冬向けの粗品としての定番はブランケットに名入れを施したものが多かったのですが、 化学反応が面白いエコカイロは子供向けに伸びています。 また、湯たんぽも分類に入りますが、エコグッズとした視点での活用もされています。 近年発売されたスマホ手袋はIT関連アイテムとしてもとても注目が高く、 早くに完売してしまうようなものなのでご購入を検討している方は9月あたりから情報を集めることをお勧めします...
・文具関連の粗品について
文具関連で一番思い浮かぶのはボールペンだと思います。 1色のノック式ボールペンや4色タイプのボールペンは一番低くて40円から。 低価格のものはちょっとした記念やあいさつなどのバラマキに便利です。 逆に高額な物ですと木製や牛革などを使用したボールペンで500円以上からのものもあります。 こちらは主に卒業式などの記念品として使用されることが多いです。 また、簡単な物でもメモ帳、付箋なども...
・100円台の粗品について
100円代で粗品を探すとなると、まず最初に思いつくのが100円均一ショップです。 しかし、100円均一ショップは沢山の出店により、いかにも100円だな・・・とわかってしまうので粗品としてもあまり良くないイメージのあるものがとても多くあります。 また、しっかりとインターネットなどで粗品を選んでいるとわかることですが、100円ショップで売っているものが100円以下で流通していることも多いので、...
・ご利用方法、送料につきまして
ご利用方法は次の流れとなります。 ご不明な点についてはお問い合わせください。 ...
・納期について
粗品にワンポイント名入れ(会社名やロゴなどをプリント)するの場合は商品と数量によって変わりますが、約10営業日のお時間を頂きます。 商品のみのご注文の場合は、お客様のご入金が確認でき次第すぐに発送を行います。 名入れキャンペーンの適用の際には、短納期は出来ません。 また、長めの納期が必要となりますのでご了承ください。 名入れキャンペーンにつきましては適時TOPページにてご案内させて...