粗品いいね

履歴 TOPへ

ネットショップで「あれ!」と疑いたくなるような事例

qa1 連絡先がない!


これだけインターネットが発達し、しかも普段から欠かせないものになっているのにも関わらず、どうしてか不思議とネットショップを運営していると、「大丈夫か?」と疑いたくなるような事例が1日1回あります

それはとっても単純なことで「連絡が取れない人」が必ずいるからです。

 

 最悪のケースとして、電話番号とメールアドレスがなく、見積もり依頼が来ることです。

連絡しようと、メールアドレスを確認したら、「??」「無い」となります。

これはバグかといつも思うのですが、単なるミスだけでありますが、入力した本人については、どうして忘れるのか不思議です。

 

4人1人程度が、こうした場合「入力したけど返事がないから連絡しました」と後からきます。

当然、こちらのミスかと思うと、最初のとおり、お客様のミスなわけです。これには本当に困ります。

こうしたお客様にいつも「自動の返信メールが来ましたか?」とたずねると、当然、「ありません」と答えます。

 

そこで、

「メールアドレスが入力ミスの可能性あります」とか常識的な返答をするのですが、まさか、電話番号もメールアドレスも両方とも無いのに、どうして連絡があるのかと不思議です。

 

インターネット通販をしていると、こうした奇特な方がいますので、毎回、慣れているし、4人3人はそのまま「行方不明」になるわけです。

それでもOKなので、当店も無視しているのですが、これが頻繁になると、逆にまじめに間違いている人も被害になり、連絡をしない癖になるわけで、本当に迷惑なわけです。

どうしにかして対策をしたいのですが、なかなか名案はなく、無視するしかないのが現状で、できれば、こうした情報を多くのネットショップが発信してほしいものです。

2016年6月6日