粗品いいね

履歴 TOPへ

挨拶回り品としてのプチギフトおすすめ

プチギフトのメインは「結婚式の引き出物」がメインであり、従来の大家族ではなく、友達同士の気軽な結婚式などで良く使われています。こうした傾向は、たかが100円程度のプチギフトでも、気持ちさえあれば、問題ないと立派に証明しているものです。

結果としては、100個で100円なら売り上げは1万円なので、商売としては全く儲からないわけです。ただし、粗品などの販売傾向を見る・分析するものであれば、けっこう重要な部分であり、どのような傾向があるのか知るだけでも大切です。

 

プチギフトの傾向として、プチタオルがあります。この流れの傾向は「実用性」です

ケーキタオルがメインなのですが、可愛い感じと、そのまますぐにタオルとして使ってもらえる事が、非常に評価を高くしています。どうしても「使えないプチギフト」も存在していますから、タオルという全く生活に困らない商品であれば、誰でも嬉しいという気持ちになります。

 

こうした傾向から、3月・4月などの引越しシーズンにおける粗品として、プチタオル系のプチギフトは、とってもおすすめ品としてあるわけです。

2016年3月19日