粗品いいね

履歴 TOPへ

直接会って名入れの相談をしたいとお考えのお客さまへ


gosoudan_top

 

おそらく、これまでに弊社が取り扱っているような各種粗品を購入されたことがないお客様や

 

当店の商品価格が安いので注文したいのだが割と胡散臭いので問い合わせる前にこのページにきてみた

 

という方々へ向けて、より円滑で質の高い粗品および、商品への名入れを行うために知っておいていただきたいことをいくつかまとめてみましたのでご一読頂ければ幸いです。

 

・粗品とは”ナマモノ”である

 

いきなりアレな内容で恐縮ですけれども、粗品を取り扱う上でお客様の【ご希望】と弊社が取り扱う、いわゆる【現場感】とにかなりのギャップが生じてしまうことがままあります。

これは初めて粗品を扱うお客さまによく起こるケースです。

 

困ったものの中には

 

『注文した商品が 想 像 し て い た も の と 違 う ので返品したい』

 

というケースがあったりします。

 

弊社のホームページ内にて、商品の各種画像と撮影した動画を公開していますが、まずはそれらをご確認して頂いた上で、どうしても実物を確認しておきたい、また社内プレゼンを行う上で必要だ、といった場合にはサンプル依頼をして頂き、ぜひとも納得して頂いた上でご注文頂ければと思います。

 

想像していたものと異なる、というのは失礼かもしれませんが、お客様の想像力が足りないから、というのが現場での感想となってしまいます。

 

単純な話ではありますが、それぞれの商品は価格に応じたクオリティである、という点を念頭に置いて頂ければトラブルが生じる可能性は随分と低くなるはずです。その上で疑問に思う点や気になる点においてはご注文前に弊社へお問い合わせ頂ければと思います。

 

次にお客様とのギャップで苦労するにはやはり名入れについてです。

 

一番多いのはお客様の希望される名入れの内容は、名入れしたい商品には「入らない」というケースです。

 

これは概ね、商品の持つ名入れ可能な範囲に対してお客様が名入れしたい内容が多すぎるため、入りきらないのが理由となります。

 

いや、おかしいだろう!『 縮 小 す れ ば 入 る 』はずだ!!

 

とお考えのお客様は、名入れした商品に加えて、ぜひルーペもご購入頂き粗品を進呈する際に添えて頂くことをおすすめ・・・はいたしません!(笑)

 

粗品への名入れとは、商品それぞれに異なる質感や名入れ可能範囲を持っていますので、お客様がご希望する名入れの内容も加味しますと、それこそ『ナマモノ』であるかのように対処方法が変わることになります。

 

ですから商品と名入れの見積りを手っ取り早く必要とされるお客様は多いものの、インターネット上で簡易見積を表示せずに個別で見積依頼を頂くという面倒な手順を(心苦しくも)お願いしているのは、名入れという行程が加わることによって一気に複雑化してしまうことが原因となっているのです。

 

加えて、お客様が は じ め て 名 入 れ をされる場合には・・・それなりに手間のかかるやり取りが必要となるケースが多くなる、と言わざるを得ません(かなりマイルドな表現)

 

弊社にお問い合わせ頂いた際に、「名入れをしたいと考えている」と伺った際にまずこちらが『ご予算』をお尋ねすることが多いのですが、場合によっては鼻白むお客様もいるかもしれません。

 

しかしながら、実際のところは複雑な名入れの行程を加味した上で、「果たして弊社でお客様のご希望に沿ったパフォーマンスを果たせるか」どうかをご予算額を伺うことにより簡易的な判断を必要としていることをご理解頂ければと思います。

 

正直なところ、毎日の業務内でお問い合わせの電話を頂くことは多いのですが、最大限お客様のご希望に沿う名入れ作業を行おうとする場合に必要な費用と予算との差が大きく離れているケースが多いため、電話口でそれなりに多くのお時間を頂戴しながら結果見送られるケースがかなりあり、弊社の人員を鑑みるとパフォーマンスの悪い結果と言わざるを得ません。

 

つまるところ、弊社は業界10年の豊富な知識と技術に基づいて個別のお客様に応じた高いパフォーマンスでご満足いただくのが目的ですので、名入れ経験の乏しいお客様にはぜひ、最初にご予算と希望を仰って頂き、弊社に「おまかせ」頂くのが最もスムーズなやり取りとパフォーマンスに繋がります。

 

 

それでもなお、ぜひとも弊社との直接的なご相談をご希望のお客様は、お問い合わせ内容を下のリンク先のメールにご入力下さい。弊社担当が責任を持ってご返答いたします。

 

 

プリント

 

 

 


2016年3月9日

 

 

 

短納期について