粗品いいね

履歴 TOPへ

ネット広告の裏で対応する行為を規制

最近、ちょっとしたニュースを見かけました。

・「おとり物件」業者、不動産サイトから排除へ 来年から:朝日新聞デジタル

 

おとり物件とは、実際には売買しないのに、広告の中に入れて、来店したお客様に別の物件を紹介して、その上で、契約までする流れとなっています。

この件について、不動産のポータルサイトでは、下記のようなタイプに規制した。

・このような広告を出して対応した場合に数ヶ月間の広告停止

・悪質な場合は罰則の対応(罰金)

となっています。

本来、ここまでする理由はなかなか無いのですが、悪質な一部の業者のせいで、全体のイメージダウンにつながるという事で対応しているみたいです。

 

さて、ここまでは不動産業界の話になるのですが、ECサイトでも、しっかりと対策をしなければいけない部分もあります。

当店は大きい会社ではないので、実際の流れとしては、やっぱり商品の欠品があり、代替品提案も多々ありますので、悪質ではないけれど、やっぱり信頼を勝ち取るという点では、なかなか難しい流れになりますね。

 

すでに楽天などでは大きな規制強化があり、消費者保護の名目で、当店を含めて対応しなければいけない流れになっています。

どうしても規模によるサービスの限界はありますが、少なからず努力をしなければいけないと判断してます。

2016年11月16日