粗品いいね

履歴 TOPへ

営業時間案内住所
目安
  1. 粗品いいね
  2. 店長ブログ
  3. 映画ウルヴァリンをみまして感想

 

映画ウルヴァリンをみまして感想


77f7e6dd

 

ある関係から、映画ウルヴァリンをみました。レンタルビデオ店からの借り物になります。この感想について。

まず、結論から言えば、どれだけ勘違いしているのかわかります。

何を勘違いしているのかと言えば、簡単で、

「日本のイメージがハリウッドすぎる」

という点です。このおかしな日本を見るだけでも、少しだけ面白いかもしれません。

 

さて、ストーリーなんですが、ともかく意味不明です。

それは仕方がないかもしれませんが、アメリカ人が持つイメージですから、勘弁しながら見るしかありません。

 

全体を通して、「日本刀」「侍」「忍者」「着物」など、日本人から見れば、おかしな点ばかりなんですが、海外からみたら、これが日本のイメージですので、仕方がない面もあります。ですから、この何点かが日本のイメージに沿って展開していきます。

 

 

このため、日本人から見てみると、おかしな点ばかりなんですが、それはそれでOKな感じがしますね。

 

さて、日本刀の扱いについては、それなりに敬意があり、「よく切れる」という点が凄いですね。あちこちのこの関係の撮影があり、映像もきれいでした。

日本文化としては良いのでしょう。

 

あとは、後半になると、出た「忍者」となるわけで、これはこれで良い感じもありました。

この点はハリウッドの方が良い点であり、めちゃくちゃなんですが、それはそれでOKな感じです。

 

最後に、この点はどうかと思うのですが、松下幸之助さんみたいな方が、悪の黒幕のような感じがありました。

そして、長崎の原爆。うーんという感じですね。

イメージとしてはあっているのですが、こればかりはどうかと思いました。

 

 

2014年3月23日