粗品いいね

履歴 TOPへ

  1. 粗品いいね
  2. 100円台の粗品
  3. 5個・10個が対応できない理由

 

5個・10個が対応できない理由

粗品いいねでは、基本は大口依頼からスタートした販売システムです。また、企業向けからスタートしたので、ほぼ全てのメーカーは今でも法人がメインであり、個人に対応しているのは非常に少ないです。

インターネットのおかげで、個人も気軽に情報を手に入れることが可能になりましたが、基本は今見ている情報のほとんどは、一般の素人が見える情報ではなく、プロ向けの専門情報としてみたほうがいいでしょう。

このような流れから、大口対応をしつつ、小口も対応しているわけですが、それは法人から個人対応をしているようなものなので、この方法から大きく変わることはありません。

さて、今回はこのような流れから、どうして小口ができないんかを説明します。

 

qa2

 

もともと異常に安い単価設定


けっこう単純な理由であったりしますが、商売上、けっこう当たり前です。

例えばユニクロがどうしてあれだけ安く商品を販売できるのか?逆に近くの個人店がどうしてユニクロのような低価格で販売できないのか?考えれば誰でもわかりますよね。大量に生産して大量に販売してるからです。

今回の相談の結果も同じであり、本当に単純な部分ですが、この単価は5個・10個を販売するのが目的ではなく、数千個を1回で注文してほしいため対応した単価なんです。 

ですから、ターゲットとしていない個人様から見れば、異常なほど安いとなり、「わ!これは1個づつ購入したい」となるのですが、そのための設定単価ではないのです。

これについては、ビジネスマンであれば、説明するほどでもないのですが、非ビジネスマンである女性の一般の方などは、全く理解不能な話であり、非常に困る事でもあります。

結果としてはネットのオープンだから仕方が無いのですが、ともかく、5個・10個のような対応はしておりません。

2016年11月19日