粗品いいね

履歴 TOPへ

 

最安値提案とは何か


100円以下の商品というのは、単に安いだけです。

それはある店舗では「最安値」という表現で、お客様を提案していました。

これは実は、正しい判断なのでしょうか。

 

100円台の商品と比較すれば、100円以下の商品は当然最安値になります。しかし、価値基準と比較すると、この表現はあってはおりません。

ですから、最安値とは、同一の価値を持つものと比較しての表現でなければありません。

それが、単に安いというだけで最安値という表現はよくないと思います。

 

ただし、お客様も単に安いから買うという部分もゼロではありませんので、安い商品を提案するということに自体は、イベントやキャンペーンを展開する企業側からすると、それなりの理由にはなっております。

イベント予算があり、どうしても千人に配布しなければいけない場合、仮に1個50円だとしても、 5万円の予算がかかります。

プレゼントするためもちろん無料で展開するため、仮に50円が100円になった場合は、予算は10万円となる。

ですから1円でも安いものを探すのは当然の流れなのです。

 

しかし、お客様がそれで感激するかどうかはまた別問題です。

ここか非常に大事であり、どこを向いて100円以下の商品を選んでいくかが重要になっていくわけです。あまりにも粗末なものを渡してしまうと、逆効果になります。

このように、100円以下の商品は、非常に難しい判断が重要になりますので、安易に安い商品だけを探すような行為は、あまり良くありません。

最安値という商品というのは、価値も最安値である場合があるからです。

2018年2月20日