粗品いいね

履歴 TOPへ

みやすくなった100円以下の粗品ランキング

通常、今までは総合ランキングの情報がありましたが、6月中旬より、ランキングを各カテゴリーごとに展開できるようになりました。今までも、あれこれと進化しているのですが、今回は前回の人気品が前に出てくる仕組みから、アクセス数に応じて1位から12位まですぐに見れるようにしました

このため、あちこち2ページ目・3ページ目と探す必要がなくなりました。これはこれで非常にみやすいと思います。今回のこの件にてお伝えします。

 

 

ランキングは誰のためにあるのか?

もともと、ランキング情報は誰のためにあって、どんなタイミングで一番見やすいのかを考えれば、自然と答えが出てきます。つまり、商品を売りたいと思っているのであれば、売りたい商品ではなく、ほしい商品をおすすめすることが必要になるわけです

結果として、売りたい商品はほしい商品ではない場合、全く売れないのが自然となりますので、これは、もともと情報として意味がないわけです。

しかし、ほしい商品が粗品いいねであれば、自然と購入の意思がかみ合い、売れるようになります。当たり前の事ですが、それが自然の流れでありますので、ほしい商品をいかくに見えるのかが重要になるわけです

 

 

ほしい商品とは、見たい商品だと気付く

ですから、ほしい商品をうまく並べておくのが重要になりますが、ほしい商品とは、多くの人が共通して見たい商品であると言えます。ですから、100円以下のコーナーで、みんなが見たい粗品をランキングとして見せるのは、非常に「ほしい商品がすぐにわかる」という流れになります。

結果として、こうした流れをうまく構築できれば、サイトの価値が上がりますので、とってもよいと思います。

2017年6月18日