粗品いいね

履歴 TOPへ

2018.06.19 先週は105件の見積もり依頼がありました
  1. 粗品いいね
  2. 100円台の粗品
  3. 探す手間暇を手助けするのが役目の価格別表示

 

探す手間暇を手助けするのが役目の価格別表示


なんで100円台の展開しているのでしょうか。

当たり前ですが、価格別に表示しているのは、すぐに価格別で調べたい方に向けて、カテゴリーを開けているからです。

「100円でどんな商品が買えるのであろうか?」

と、疑問に思う方も多いからです。

 

我々プロからすると、そんなの当たり前の事なんですが、初めての粗品を買う素人からすれば、全く情報がないので、どのくらいの値段で、どのような商品があるのかは、本当に未知数なわけです。

ですから、100円台のカテゴリーがあり、その中で選べるように、この100円台の粗品のコーナーがあります。

 

しかし、実際に見てみると、単に100円台を商品が、適当に並んでいる程度であり、価値としては高いレベルとは到底いいがたいです。

これは見る側にとっては、あまり良い結果を生むことがありまません。

このため、しっかりと、商品の価値を提案できるようにしなければいけないと思います。

 

ここでいう商品の価値とは、価格以上の付加価値があるものを、提案していく状態だと思います。また、どの粗品が売れ筋死んであり、どの商品がおすすめ品であるかを、しっかりとお伝えすることが重要だと考えております。

このように、商品を単なる見せる道具としてではなく、商品の価値をしっかりと伝えるように努力するようにします。

2018年2月21日