粗品いいね

履歴 TOPへ

2020年東京オリンピックのマークをつけてみた

qa1

 

実際にしてみたら、意外とカッコイイ現実の印刷


8月からはリオオリンピックが開催されますが、ちょうど4年後には、東京オリンピックが開催されているわけです。

ですから、あと4年か、もう4年か考えると、「もう4年後なんです」というのが感想です。 

 

事業としてみた場合には、4年後に何が出来るのか!という点です。ですから、意外と計画的に対応していないと、4年後なんかは「あっという間」に過ぎ去ってしまう可能性があるわけです。

そこで、当たり前ですが、インバウンド対策も、4年後に対応しなければいけないので、今からしっかりと「インバウンド対策」をしなければいけないのです。

こうした中、あまり最近は話題になりませんが、東京オリンピックのエンブレム。

市松模様のマークですが、どんな感じで、印刷したらなるのかみてみました。

 

DSCN1309 DSCN1311

DSCN1315 DSCN1317

DSCN1319 DSCN1320

 

 

感じとしては、「かなりイイよね」というのが素直な感想です。

もうちょっと駄目な感じがあったのです。市松模様ですから、もっとごちゃごちゃしたイメージなんですが、意外とスッキリとした感じになっています。中央の部分が空いているのがよく、文字もシンプルなためにわかりやすいと言えます。

 

さて、このように東京オリンピック関連の粗品も、どんどん製作しておかなければいけなく、特に海外向けのインバウンド対策品は必須です。ぜひ、自治体にしろ、商店街にしろ、ホテルにしろ、今からリオオリンピックをみて、東京オリンピック対策をしなければいけません。

2016年7月29日