粗品いいね

履歴 TOPへ

玩具フィギュアをイベントで撮影してきました


最近では玩具という「おまけ」がそのまま記念品となっているケースがあります。


ガチャガチァというのがあり、100円とか入れてまわして楽しむものです。


手軽な粗品として人気であり、こうしたのものは玩具フィギュアとして扱われています。


そこで、今回は幕張でイベントであるワンダーフェスティバル2015に参加してきました。玩具フィギュアの写真となります。


 


resize_IMG_1012


当日は天候があまり良くないので、電車にするのか車にするのか迷いましたが、帰りに行く場所があったので、車で出かけました。


場所は幕張メッセです。1時間半程度で到着しました。


 


あまり参加していないので、列のままにスタート。最初から企業ブースへ行きました。


正面に有名な玩具フィギュアの海洋堂さんがブースがあり撮影。撮影はiphoneでしています。


 


resize_IMG_1014 resize_IMG_1015 resize_IMG_1016 resize_IMG_1018


こんな感じで凄いですよね。


1体5000円くらいですが、それでも安いです。


ここから学べるのは、クオリティが高ければ高いほど、本体の単価を高くしなければ、価値がグーンと上がることでした


びっくりするくらいの商品です。


 


resize_IMG_1019


resize_IMG_1020


こちらは鬼ですね。これも見た目の迫力が凄いです。


銅像とかありますが、こうしたレベルの商品は、1体完全なオリジナル品です。粗品とは比べ物になりませんね。


 


resize_IMG_1022


resize_IMG_1023


 


ここら辺になると、キャラクター商品なのですが、1体1体が非常に精巧に製作されています。


日本人的な感想としては、レベルが高く、こうした細部にこだわるのは日本らしさがあります。


 


resize_IMG_1026


こちらは河童。凄いですよね。まるで生きている感じです。想像上の動物なので、こうしたフィギュアなどが一番リアリティがあっていいですよね。


 


 


resize_IMG_1051


こちらは都市を造るタイプなのですが、なんとビルが玩具おもちゃ。並べると非常に迫力がありますよね。


コンセプトが非常によいのでビックリです。なかなか迫力があります。


 


resize_IMG_1052


艦隊のフィギュア。こうしたデェフルメのようなタイプが今は人気なのでしょうか。


とっても可愛いですよね。


 


そして個人では企業が作るとどうなるのか?


当然のごとくハイクオリティになりますよね。それがこちらの画像になります。


新しいウルトラマンや、プレデターというキャラクターのもの。その他、アメリカのアニメキャラクターなども沢山ありました。


 


resize_IMG_1063 resize_IMG_1064 resize_IMG_1067


resize_IMG_1071


resize_IMG_1073


 


 


ブースは企業ブースのほかに、半分のスペースで個人も参加できています。これもいい感じになっていて面白いです。


個人ですからキャラクターの版権はないのですが、こうした自由な感じがいいですね。


 


resize_IMG_1081


resize_IMG_1083


イベントとしては10時から5時まで、非常によい感じでした。冬以外にも夏も開催されているので、夏も時間があれば行きたいですね。


2015年2月9日

 

 

 

短納期について