粗品いいね

履歴 TOPへ

コンテンツの作り方。ワンフェスのコスプレを取材

qa2

 

どんなコンテンツがよいのか判断しながら作る


 粗品ばかりの話ではつまらないので、今回のまとめは、コンテンツの作り方について話します。

 

2016年7月24日に幕張メッセには開催された、ワンダーフェスティバル2016夏のイベントに行ってきました。

その中で、特にコスプレイヤーによるキャラクターの撮影会があり、時間を見つけては、ユニークな方をメインに撮影しておきました。

 

resize_DSCN0885

 

resize_DSCN0905

 

resize_DSCN0913

 

どうして、こんな事をしているかといえば、こちらの「ワンフェス(ワンダーフェスティバル)2016夏のコスプレまとめ」を作っているからです。

粗品サイトでは、なかなか評価されないものでも、まとめ記事の内容によっては、評価されるので、粗品とは全く無関係なイベントで撮影し、それを編集することで、価値が出るページに出来ないか実験しているのです

全くの素人が、全くの専門ノウハウなしに、単純に頑張って、どの程度、発信力があるのか試しているわけです。

 

 

「ワンフェス コスプレ」で2位。ヤフーではまとめ記事で3位以内

結果としては、頑張った分だけ評価されて、とっても嬉しいです。

結果は後からついてくるのですが、キーワードで検索すると「ワンフェス コスプレ」でなんと!2位の快挙。

自然の検索で、少なからず来てもらえるわけです。

更に、ヤフーで「ワンフェス」と検索すると、ネイバーのまとめ記事が出るのですが、3位まで入ると、画像付で紹介されます。それが1位になっているっわけです。

 

本当に、たった1人で、全くの無関係な人が、オタクでもなく、横のつながりゼロですから、意外と凄いことなんですよね。

 

 

 

見たいコンテンツを提供。さらに自分で取材しないこと

ワンフェスのコスプレですが、外の会場はこんな感じです。

 

 

ですから、あちこちにプロレベルの人が沢山いるわけです。

こんな大勢の方が撮影しているのですが、ここで、さっぱりとある行動をしました。

「自分では撮影しない」

という、とんでもない事を選択したのです。

 

これはどういう事かといえば、1人のコスプレイヤーに、沢山の方が並んで、撮影しているわけです。

ですから、自分1人が参加しても、あまり意味がないわけです。

さらに、自分で撮影しなくても、他の人が撮影して、ツイッターなどにしっかりと公開してくれるわけです

 

このため、この他人が撮影したものを、「編集する」だけで、いいわけです。

これが、たった1人でコンテンツを作り、たった1人で検索でも、コンテンツでも評価を得る方法だからです。

 


 

こんな感じで、他者が撮影したものを探し出し、評価し、それを雑誌を作るように編集し公開するわけです

もちろん、自分も撮影しないわけではないのですが、逆にあまり撮影されてない「その他のキャラクター」を積極的に撮影することで補完されます。

 

もともと、ワンフェスはフィギュアのイベントなのですが、見たいコンテンツとしては、このコスプレなので、こうした情報を専門化して、公開することで、非常に付加価値が高いものとして、展開できるページになるわけです。

2016年7月26日